今回は、京都市上京区にて隣接面の塗装工事です。

京都市内では、両隣がかなり密接している建物が多く有ります。

外壁工事が出来ても塗装工事が出来ないっといった建物は沢山有ります。

今回は、そういった塗装工事です。

今回は、下の写真のベージュ色の部分がお隣の隣接面だったっと思われます。



今回は、目地のシーリング工事も行います。

最初に、ホコリの等を掃除した後にバックアップ材を入れプライマー(未着材)を塗装後に

ウレタンコーキングを打設させて頂きました。



窓等の開口部分には寄り防水性の高い

変性シリコンコーキングを打設しました。



その後に、塗装前の下地の補修を行います。

築数年間経っているので、やはりクラック(ひび割れ)が有ります。

これを、コーキングで処理していきます。





次の作業ですが
この壁は、ALCっと言われる壁材です

上の写真を良く見ると細かな穴が沢山有ります

この穴と処理仕切れなかったひび割れを改修用樹脂塗料で埋めていきます



その後に、防水膜を厚塗りして防水性を高めていきます。

この膜は、微弾性なので塗装膜の下でひび割れが入っても

塗装膜が収縮して壁の表面に出にくくする効果もあります。





そして、仕上げ作業です。

今回は、水性シリコン塗料を仕様しました。

この作業は、表面を守る保護膜です。

この工程も、寄り強くする為に2回塗装していきます。


下の写真は2回目です。



これで、作業は完了です。

足場の解体後の写真です。



これで、作業は完了です。

LINEで送る