ボーダーラインの下塗りです。

現状は、スキンという天然石の吹き付けです。

この吹き付けは、経年劣化でポロポロと石が剥がれてくる事が心配ですので、

この部分は強溶剤の2液性浸透性エポキシシーラーで奥まで固めてから

塗装作業に掛かります。



シーラー塗装後クラック(ひび割れ)が解りやすくなりました。

少し剥離している部分があったのでマスチックローラーでゆず肌模様を付けて

均一な柄模様にしてクラックも埋めていきました。




後は、仕上げ作業ですが、

次回へ続きます、、、

 

LINEで送る