今回は、京町屋内部の塗り替え工事でした。
見た目には、見えない所にかなり手を掛けています


image


当社の施工は、3種類の下地調整材を使用させて頂いております

まずは、ごく小さな穴(針穴や画鋲穴など)微粒子の調整材
大きな凹みや 壁と柱大きな隙間を 補修する圧付け用の調整材
壁表面を滑らかにする仕上げ用の調整材などです

更に、壁と柱の隙間が開きやすいので
壁と柱の際には、薄くシールを打ち壁と柱の際が開きにくい様に
施工を行いました。

image



その他、柱などは少し弾力性の有る2液性のウレタン塗料を
木部に、吸い込ませるように塗装
更に染めムラがナイように2回塗らせて頂きました。
畳とふすまが入ると素敵な和室に成ると思います(^∇^)

LINEで送る