京都市左京区で塗り替え工事が完了しました。

この物件は、老朽化でひび割れや欠損部分がが多数有りました
ですので、大工さんに下地を施工した後
左官屋さんに欠損部分を補修して頂きその後塗装をさせて頂いきました

image



image



下地施工後です
大きなひび割れは左官屋さんが補修作業をした後
細かな補修と既存と補修の段差は当社が 
 2液性のファイバーセメントで 段差を消しました


image



image



そして、今回は下地用の微弾性フィーラーで凹凸模様を2回塗った後
上塗りを2回塗らせて頂きました。

今回の、施工手順は
シーラー>フィーラー模様付け>フィーラー模様付け>トップコート>トップコート
段差も、滑らかに成りスッキリとした仕上がりに成りました

LINEで送る