塗料紹介

断熱塗料のご紹介

この度、断熱中塗り塗料のお取り扱いをさせて頂く事に成りました。

この塗料は、従来の断熱塗料と違い中塗りに使用するだけで効果を発揮する事が出来ます。

例えば、屋根の塗装ですが、、、

現在、遮熱塗料が有ります。熱を反射させ熱を逃がす機能が有るのですが、

真夏は一時的に温度の上昇が有ります。

そこで、このシャダンネオを中塗りとして使用するだけで

遮熱塗料で、熱を反射させて断熱塗料で熱を抑える事が塗装で実現出来るのです。

夏の炎天だけでなく冬場の室内の保温性にも効果が有るので

光熱費の削減にも効果が有ります。

詳しくは、下記をご覧下さい。

シャダンネオ イメージ画像

ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆シャダンネオ ロゴ


シャダンネオの特徴

水性1液反応硬化形シリコン系断熱塗料

【断熱性】冬は熱移動を最小限に抑えることで外部の冷気をさえぎり室内の熱を逃がさない。

【遮熱性】夏は太陽熱を屈折させ反射させることで建物の温度上昇を抑制。

【耐候性】耐候性に優れ紫外線や雨水などから長期にわたり建物を守り続ける。

【吸音効果】微小中空セラミックバルーンのセラミックが音を反射し中空部で音を吸収軽減。

【水性タイプ】水性なので臭いが少なく人と環境にやさしい。

〈艶消し〉※色により底艶が出る場合がございます。

シャダンネオ缶

宇宙での耐熱技術を応用して開発した断熱・遮熱塗料「シャダンネオ」。
夏は涼しく冬は暖かい、快適な生活環境を実現。

微小中空セラミックバルーンと熱反射機能顔料の併用で、優れた断熱・遮熱性と耐候性を実現した
人と環境にやさしい画期的な省エネ塗料です。

シャダンネオは熱の移動を抑える
シャダンネオと一般塗料を塗布したプラスチック容器にそれぞれお湯を入れ、5分後にサーモグラフィーで測定した結果、シャダンネオを塗布したほうは容器表面に熱が移動していないことが分かります。

シャダンネオと一般塗料のサーモグラフィー

宇宙での耐熱技術を応用した断熱・遮熱塗料「シャダンネオ」


断熱性能と遮熱性能

シャダンネオの断熱性能は冷暖房時の室内空気を外へ逃がさず効率よく循環させることで節電へと繋げます。また、遮熱性能は太陽光を屈折させ反射し散逸させることで建物の表面温度上昇を抑制します。

断熱性能と遮熱性能


省エネ促進と環境への配慮

冷暖房効率がアップすることで節電に繋がり理想的な省エネ促進を実現します。

微小中空セラミックバルーンと熱反射機能顔料により建物の表面温度上昇を抑制する性能は、都市部のヒートアイランド対策としても効果を発揮することが期待されています。

ヒートアイランドとは?

気温分布を描いたときに等温線が都市を中心にして閉じ、ちょうど都市部が周辺から浮いた島のように見えることに由来します。年間を通じて生じている現象ですが、特に夏の気温上昇が都市生活の快適性を低下させるとして問題となっています。主な原因としては?建物や工場、自動車などの排熱?緑地の減少とアスファルトやコンクリート面などの拡大?密集した建物による風通しの阻害や天空率低下などの3つが挙げられます。

ヒートアイランド

●水性なので人と環境にやさしい。
●室内空気環境安全性の目安となる
 F☆☆☆☆(フォースター)を取得。

ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆


屋根への塗布で断熱・遮熱効果

シャダンネオに含まれる微小中空セラミッックバルーンが太陽光の近赤外領域を効率的に反射し、屋根の温度上昇を防ぐことにより夏の冷房効率を高めます。

屋根への塗布で断熱・遮熱効果


外壁への塗布で断熱・保温効果

シャダンネオを塗布した外壁の塗膜表面温度と外気温度が適応し、熱移動を最小限に抑えることで外気温度の影響を受けにくくし冷暖房効率を高めます。

外壁への塗布で断熱・保温効果


室内への塗布で断熱・保温効果と結露抑制

内装塗装の仕上げ材として使えるシャダンネオは、室内から室外への熱移動を抑えることで冷暖房効率を高め、結露の発生を抑える効果も期待されています。

室内への塗布で断熱・保温効果と結露抑制


シャダンネオによる省エネ促進例

シャダンネオによる省エネ促進例

・場所 : 埼玉県内の某工場にて
・時期 : 2015年8月

【建物概要】
・屋根材 : カラー鋼板
・面積 : 約2,100?
・電力用途 : 成型機20台、空調、照明等

【シャダンネオ塗布前後の消費電力量の推移】

シャダンネオ塗布前後の消費電力量の推移

〈電気料金の削減によりシャダンネオの塗装費用は2年以内で回収〉

電気料金の削減によりシャダンネオの塗装費用は2年以内で回収

シャダンネオの性能は様々な場面で利用され今後さらに期待されています。

・戸建住宅・集合住宅の屋根・屋上・外壁
・大型建築物・公共施設の屋根・屋上・外壁

・工場・倉庫・プラント建造物の屋根・屋上・外壁・タンク等


太陽光に対する優れた遮熱性

〈シャダンネオと一般塗料の遮熱効果試験〉真夏の屋上に試験ボックスを設置して測定

シャダンネオと一般塗料を塗布した塗り板の裏面温度とボックス内部温度を測定しました。その結果、塗り板の裏面温度はシャダンネオの65℃に対し一般塗料は80℃。ボックス内部温度はシャダンネオの50℃に対し一般塗料は60℃というシャダンネオの優れた遮熱性能が認められました。

真夏の屋上に試験ボックスを設置して測定

遮熱効果試験グラフ


熱に変換されやすい近赤外領域において高い反射率を実現

シャダンネオに含まれる微小中空セラミックバルーンと熱反射顔料は、建物の表面温度上昇の原因となる近赤外領域波長を効果的に反射して蓄熱を防ぎます。

【日射反射率】

日射反射率

【分光反射率】

分光反射率

シャダンネオを中塗りとして使う

シャダンネオ(中塗り)と遮熱塗料(上塗り)の相乗効果

シャダンネオを中塗りとして塗布し遮熱塗料を上塗りとして塗布することで、太陽光をダブルでシャットアウトします。

シャダンネオを中塗りとして使う

屋根専用遮熱塗料のケイセラチタンクールと併用すると断熱・遮熱性能がさらにアップされ、上塗り材の高い性能も付与されます。

シャダンネオ(中塗り)とケイセラチタンクール(上塗り)の相乗効果

〈シャダンネオ+ケイセラチタンクールとシャダンネオの遮熱効果試験〉真夏の屋上に試験ボックスを設置して測定

シャダンネオ+ケイセラチタンクールとシャダンネオを塗布した塗り板の裏面温度とボックス内部温度を測定しました。その結果、塗り板の裏面温度はシャダンネオ+ケイセラチタンクールの59℃に対しシャダンネオは65℃。ボックス内部温度はシャダンネオ+ケイセラチタンクールの47℃に対しシャダンネオは50℃。シャダンネオ+ケイセラチタンクールのより高い遮熱性能が認められました。

真夏の屋上に試験ボックスを設置して測定

遮熱効果試験


トップへ

京都市山科区にてマンション塗り替えリフォーム塗装工事4

前回に、マスチックローラーを使って波形模様を付けた後
上塗り作業ですが今回は 水性フッ素 を使用します

塗料には、沢山の種類が有りますが
フッ素塗料は、その中でも最高ランク位の塗料です。
長寿命の塗膜・耐候性・防汚性 などに他の塗料より一層優れていて
なかなか塗り替え塗装が大変な
マンションの塗り替え・アパートの塗り替え・ビル等の塗り替え
大きな建物にお勧めです

image



上の写真は、中塗り終了後の上塗り作業です

1回の塗装でも、充分に塗り残し無く塗装出来ていますが
塗装膜を最大限に発揮させる為にも もう一度、上塗りを行います
塗装の塗膜厚を上げより長持ちをさせる努力は惜しみません
ここが、過去から積み重ねて来ている当社の信用頂ける所です

当社では、あらゆる箇所・隅々まで妥協のないシッカリ施工をご提供しております

京都市東山区にて外壁塗り替え塗装工事作業終了

京都市東山区にて外壁塗り替え塗装工事が終了しました

image



image



今回は、外壁の傷みが激しくひび割れなどを補修した後
下塗は弾力性の有るゴム系塗料を2回塗装しました

上塗りですがセラミック系シリコン塗料を使用しました
少し山手の建物だったので 防かび性・透湿性などにより優れ
また、単層弾性と言う種類の塗料なので
年数を重ねた建物ですので塗膜厚で今後のひび割れや湿度の対策を考慮し更に
壁が痩せていたのでマスチックローラーで2回 普通のローラーで1回塗装して
波形模様を寄り均一にスッキリと収めました

image



外部の木製の軒にも防かび性のつや消し塗料を使用し
 和風の風合いを損ねないようにさせて頂きました

image



後は、自転車置き場の骨組みには2液性の塗料で
 雨風に強度の有る塗膜にさせて頂きました

image



この後雨戸湯を交換してポリカーボネートの屋根が仕上がれば
完了です

京都市伏見区にて屋根・外壁塗り替え塗装工事

高圧洗浄から、2日乾燥後
塗装開始ですこんかいは2月頃にご紹介した

オリエンタル ダイレクトコート(シリコン塗料)を仕様します

やはり僕の経験上凄い撥水性だと思っているからです 以前に塗装仕上がり直後に小雨の中 少し足を掛けた時!!
アイスバーンの様に滑った経験が有るからです 更に、車のwaxの様な撥水性も有るからです
  今回は、㎡単価/2000円でお届けしております

この材料の特徴は素地に吸い込ませて未着させる工法です
ですのでこの塗料では、まず一度下塗りを塗装後クラック(ひび割れ)を補修させて頂いてます

image



まず、金属部分を錆止め(白錆止め)をした後 屋根の段差を刷毛で塗装します
この時、シッカリと塗るのは勿論ですが段差を塗膜で ふさがない 様に塗装します
(段差を塗料で埋めてしまうと塗膜の剥離や雨漏りの原因に成ります)
その後に、ローラーで全体を塗装します


image



薄い塗膜を素地にジックリ吸い込ませた後クラックの補修です
クラックの補修には、防水の補修にも仕様されている充填剤を仕様ました


image



image



更に、この充填剤を完全乾燥させるのに一晩置きます

次回は、仕上げ作業です

大阪府箕面市屋根遮熱塗料完了

屋根の遮熱塗料の塗装が完了しました。
色も出来るだけ濃くない色を仕様にさせて頂きました。

材料名>日本ペイント サーモアイSI です
効果は、太陽光の反射率が有りメーカーのデータによると
 約40%~70% の太陽光の反射が有るそうです。
シリコン塗料なので撥水性も有り防汚性にも優れてます

image



image



image

京都の塗り替え塗装に遮熱の機能性

最近話題の、遮熱塗料です 塗り替えをされるなら

綺麗に成る(蘇ります)
   耐候性が有る(浸食を防ぎます)
       防汚性が有る(汚れ難くなる)

プラスアルファ 優れた機能性はいかがでしょうか☆
*パンフレットの写真で少しお見苦しくて申し訳ありません

image



image

塗り替え窯業サイディングに今最適な材料です

窯業サイディングは塗り替えが必要です
チョーキングやコーキングの亀裂などは雨の浸食が心配されます
そこで・・・!!この塗料

確かな未着性と確かな耐候性更に防カビ性・低汚染性にも優れてます。
最近良く使われている塗料です


image



image

高意匠サイディングの塗り替え用塗料

レンガ調・タイル調・大理石調などのデザイン性の綺麗なサイディングを
色で塗り潰さずクリアーコートで新築時の光沢が蘇る塗料のご紹介します
耐候性・耐久性・防汚性もかなり優れた塗料です


image



image

京都市右京区で塗り替え塗装工事

保育園の施工が完了しました。
外部の、鉄部なので材料は2液性のウレタンで施工しました
鉄は、暑さ寒さで膨張収縮しますので
弾力性の有るウレタン塗料が適正だと考えました
昨今では、もっと高価で良い塗料も有りますが
しっかりと、サビの研磨>適正な錆止めの施工をする事で
しっかりとした塗膜を施工させて頂きました


image



image



image

屋根の塗り替え塗装工事

以前に、ご紹介した
オリエンタル塗料工業の水性ダイレクトコートを施工しました。
素材は、カラーベスト屋根です
この作業で、一番重要なのは高圧洗浄です
当社では、ガッツリと汚れを落としその汚れをカスを2回洗い流しております
より未着性を上げるためです
そして、異物がない状態で施工すると


image



image



image



image



こんなに、艶やかで強い仕上がりに成ります。
因みに、乾燥後小雨が降りましたが物凄い水弾きでした。

image



image



image



これは、アスファルト系のシングルベストの塗り替え塗装です。
これも凄く強い仕上がりに成りました
近隣の臭いの苦情も無くより良い施工をお届けする事が出来ました┏○ペコッ

1 / 212

▲TOPへ