2016年2月の一覧

京都市伏見区にて工場塗り替え大改修塗装工事

シリコントップコートの塗装が完了しました
ニッペオーデフレシュSiっと言う塗料を2回シッカリ塗装していきました
やはり他のメーカーの物と違い塗装していても塗膜の強さ耐候性を感じました

image



image



image



image



image



image



塗装完了後に、雨が降りましたが
やはり撥水性は驚く物が有りました

京都市右京区にて新築マンション吹き付け塗装工事

階段室が完了後エレベーター室の塗装です
全体をシーラーを塗装した後に天井にエコ塗料を塗装しました
その後、壁にボンタイルの玉模様を吹き付けしてトップコートを塗装です

下の写真は天井との色分け作業です
これだけは、刷毛で真っ直ぐにダメ込みっと言う作業で進めていきます
この作業だけは職人魂に火が付きます

image



image



その後、ローラーで塗装していきました

image



image



以上で本来の吹き付け作業はここで完了でした(笑)

京都市右京区にて新築マンション吹き付け塗装工事

外部の吹き付けが完了後に内部階段の吹き付け塗装です
写真で判り辛いですが
階段裏は吹き付けリシン・壁はボンタイルの色分けで
施工させて頂きました

image



image



image



これで、ほぼ施工は完了のはずでしたが
追加施工を沢山頂けました:)

つづく

京都市右京区にて新築マンション吹き付け塗装工事

京都市右京区の新築マンションの外部吹き付け塗装が完了しました
とにかく足場が狭く大変な工事でしたが
昔の経験と知恵で全体うまく納まったと思います

唯一綺麗に撮れる場所はココ位でした
ここは1階です

image



ここは4階です

image



人一人がやっと立てるバルコニーより狭く

image



ここは2番目に狭い足場です

image



image



何よりもここは一番狭い場所です

一回目は右向きだけを吹き付けて
二回目は左向きで仕上げる施工方法でしっかり吹き付けしました

現場監督さんも納得の仕事に成りました

京都市伏見区にて工場塗り替え大改修塗装工事

ガラの補修が完了した後に
全体に下塗りを塗装していきました
この作業は、壁の未着性と細かなクラックや気泡を
埋めていきます

image



image



全体の下地調整完了した後に
トップコート作業です

京都市伏見区にて工場塗り替え大改修塗装工事

屋根の塗装が終わり壁の塗装作業です

東西南北の、南・西の2面と 北・東の2面に分けて作業を進めていきます
最初に、シール屋さんが下地調整でクラックの注入や
 サッシ回りのコーキングが完了後に壁の柄を補修していきます

image



image



補修個所も数百個所は有ると思われますので
忘れの無いように作業員4人で固まって作業しました

image



image



この上から、全体を下塗りに水性ゴム系塗料を塗装していきます

京都市伏見区にて工場塗り替え大改修塗装工事

大雪や低温などの凍てつきなどで少し工事が中止に成っていましたが
 やっと上塗りの作業です
この日も、曇ったり晴れたりでヒヤヒヤしてましたが
何とか完了しました

image



image



image



image



これで、屋根は完了です
続いて壁の塗装の作業です

京都市右京区にて新築マンション吹き付け塗装工事

今回は、京都市内での少し狭小なマンションの吹き付け塗装工事です

今回は、ボンタイルの吹き付け塗装です
まずは、玉模様の柄だけを吹き付けてから
トップコートを塗装していきます

image



image



写真は、5階なのですが唯一この場所だけが広い所で
後は、幅50センチ程しか有りませんので
写真も撮ることが出来ませんでした

足場を解体しないとハッキリしませんが
おおよそムラも無く仕上がっているっと思います

京都市西京区幼稚園改修工事

シーラー塗装後にクラック補修をした後に吹き付けの作業です
今回は、アクリルリシンを吹き付け塗装をしました

image



image



既存の部分が塩ビの塗装と吹き付け塗装の部分が有ったので
石ムラが無いように部分吹き付けをした後に合計2回吹き付け塗装をして
均一に石が揃うようにさせて頂きました
お摂取さんも、驚いていらっしゃいました☺

京都市西京区幼稚園改修工事

今回は、西京区桂の幼稚園でのクラック(ひび割れ)の補修です
今回コーキングのすり込みでクラックを処理していきます

最初に、壁全体にシーラー(塗装用密着材)を塗装した後に
クラックを処理していきます
まず、クラックに沿ってコーキングを打って専用のウレタンスポンジで
クラックの隙間にすり込んでで行きます

image



その後、少しだけ水の湿らせた刷毛で壁に馴染ませていきます

image



最初にシーラーで透明の幕が張っているので
濡れた刷毛で掃いても壁には染みこみません
更に、シーラーでコーキングも密着したいますので
クラック補修が剥がれる心配もなくなります
私達は、この処理が何よりも肝心だと考えます

▲TOPへ