2017年9月の一覧

京都市上京区にて店舗塗装リフォーム工事

今回の、上京区の店舗塗装リフォーム工事の突貫工事が完了しました。

少し追加の工事が有りましたが全て完了です。



今回は、アイカのジョリパットっと言う材料をトラバーチン調に

塗装していきました。

下地を、顔料で調色した物で下地調整材で仕上げた後に未着材▷下吹き▷上吹き

最後に左官コテで柄を付けていきました。

すると、お施主様も納得の仕上がりにする事が出来ました。

最初は、この建物でしたが



最後の仕上がりはこう成りました。



写真では、少し分かり難いですが

大変良い感じに仕上がりました。

そして、最後に喜んで頂いたお父様から

お土産にお茶を頂きました。



甘みの有る最高のお茶でした🍵メチャメチャ美味しいかったです。

有難う御座いました┏○ペコッ

これで、作業は完了です。

ご近所様にも、工事中はご協力頂き有難う御座いました。

京都市上京区にて店舗塗装リフォーム

今回も、インターネットからのご依頼有難う御座います。

お施主様と、打ち合わせをしましたが工期は1週間以内に

足場仮設▷工事▷足場撤去という突貫工事です。


早速、足場屋さんに連絡しご無理を言って即効に足場を組んで頂きました。

足場屋さんには、超感謝です(^^)



さて、ここからが突貫工事の始まりです。

しかし、シッカリと寄り長持ちして寄り綺麗な仕上がりをご提供させて頂きます。

京都市上京区にて隣接塗装工事

今回は、京都市上京区にて隣接面の塗装工事です。

京都市内では、両隣がかなり密接している建物が多く有ります。

外壁工事が出来ても塗装工事が出来ないっといった建物は沢山有ります。

今回は、そういった塗装工事です。

今回は、下の写真のベージュ色の部分がお隣の隣接面だったっと思われます。



今回は、目地のシーリング工事も行います。

最初に、ホコリの等を掃除した後にバックアップ材を入れプライマー(未着材)を塗装後に

ウレタンコーキングを打設させて頂きました。



窓等の開口部分には寄り防水性の高い

変性シリコンコーキングを打設しました。



その後に、塗装前の下地の補修を行います。

築数年間経っているので、やはりクラック(ひび割れ)が有ります。

これを、コーキングで処理していきます。





次の作業ですが
この壁は、ALCっと言われる壁材です

上の写真を良く見ると細かな穴が沢山有ります

この穴と処理仕切れなかったひび割れを改修用樹脂塗料で埋めていきます



その後に、防水膜を厚塗りして防水性を高めていきます。

この膜は、微弾性なので塗装膜の下でひび割れが入っても

塗装膜が収縮して壁の表面に出にくくする効果もあります。





そして、仕上げ作業です。

今回は、水性シリコン塗料を仕様しました。

この作業は、表面を守る保護膜です。

この工程も、寄り強くする為に2回塗装していきます。


下の写真は2回目です。



これで、作業は完了です。

足場の解体後の写真です。



これで、作業は完了です。

滋賀県大津市にて変電キュービクル塗り替え塗装工事

今回は、キュービクルの塗り替え塗装工事です。

現状は、なかなかのチョーキングですが綺麗にしたいと思います。

最初に、ケレンと清掃です。

ペーパー100番やケレンタワシで念入りにチョーキングや錆を

落としていきました。





しかし、やはりチョーキングが絡み合って取りきれません!!

ですので浮いたチョーキングのホコリを布などで全体をもう一度擦って

綺麗にしました。

下の写真はペーパーとケレンタワシで擦った写真です。



そして、布で拭き取った写真です。



ホコリは綺麗に取れました。

ホコリの上から塗装するとメクレ・剥離の原因になるので

ケレンと清掃は、何よりも大切な作業です。

後は、錆止めの塗装です。




全体に、ちょうど良い濃さに調整しながら

シッカリ素地に吸い込んで シッカリ膜を張る濃さの錆止めを塗装していきます。

そして、上塗り作業です。

今回も、2液性のウレタン塗料を仕様しました。

上塗り前も、サッとペーパーで擦った後に塗装していきます。









屋根部分も、スッキリと良い光沢です。

小さな一手間で、綺麗に仕上がる事が良く判る作業でした。

これで、作業は終了です。

京都市南区にて塗り替えリフォーム工事

京都市南区の塗り替え塗装工事が完了しました。

なかなか納得の行く仕上がりに成らなくて

気になる所は5工程も手を加えて仕上げさせて頂きました。



ですので私自身も納得の仕上がりです。

最初のこの建物ですが



こう成りました。



以上で作業は完了です。

▲TOPへ