2018年9月の一覧

京都府 宇治市T邸外壁・屋根遮熱断熱塗装工事 -その4-

京都府宇治市の遮熱断熱塗装工事が完了し足場の解体作業です。

今回は、今まで経験のない台風に2回遭遇して、更にまれに見る長雨にも出くわした現場でした。

最後に、FRP防水を塗り替えさせて頂きました。



そして、足場解体後がこちらです。




今回も、窓やサッシの塗装との取り合いの1ミリまで拘ったので、遠目からでもパリッとした感じに仕上がりました。

以上で作業完了です。

ありがとうございました。(^○^)

 

 

平成30年の台風21号災害修繕工事

台風21号による緊急工事が少し落ち着いてきました。

台風の真っ最中に、お電話を頂き直ぐに現場に寄せて頂きましたが、

かなり大変な事になっていました。

災害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。







未だかつて無かった勢力の台風でしたが、

ここまで酷いとは思いませんでした。

改めて自然の猛威を感じさせられました。

今現在も、業者さんへの手配がままならず

お客様には、大変ご迷惑をお掛けしている事を深くお詫び申し上げます。

 

京都府城陽市新築工場塗装工事

ゼネコン様より

京都府城陽市にて新築工場の塗装工事のご依頼を承りました。

ありがとうございます。

鉄骨1,500平米の物件です。

外壁の、パネルを張る前に内側から見えにくい場所や隠れてしまう場所を

先行で、塗装して鉄骨全体が塗り残しやダメの無いように塗装していきました。




まだまだ継続中です。

災害工事が混み合っていて他の業者さんも人手不足のために工事が進まず、業者さん待ちです。

 

被害に遭われた皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

皆様の一日も早い再建をお祈りしたします。

 

宇治市T邸外壁・屋根遮熱断熱塗装工事 -その3-

宇治市T邸の外壁塗装工事です。

今回の、外壁も断熱塗装工事です。

まずは、シール工事です。

先に、プライマーを塗装した後に水性ウレタンコーキングを打設しました。



次に、弾性断熱下塗りフィラー塗料 ( コットンフィラ― ) を

マスチックローラーでゆず肌模様にしていきます。

このフィラーは、弾性断熱塗装と明記しているのですが

特殊超軽量塗料で、水の半分の比重しか有りません。

その分、施工がしやすく既存の壁に対する負担を軽減させる事もできます。

それも、この塗料の良い所だと思います。



しかも、ゆず肌模様のガラもより均一に綺麗に仕上がるのも利点です。

上記の様にキレイにゆず肌模様に仕上がってくれました。(*^。^*)

そして、ラジセラを2回塗装して仕上げていきます。

このラジセラは、一般のフッ素塗料よりも低汚染で15年~18年の耐候性も魅力です。

今回も、特約施工店を頂いている弊社ですから

塗料メーカーさんからの保証書が

遮熱断熱塗装の屋根・外壁の弾性断熱塗装の両方に発行されます。



作業途中2回の台風に直面しましたが何事もなく無事に美しく仕上げることができそうです。

仕上がりの様子は次回に続きます。。。

下京区H邸ガレージ内塗り替え塗装工事

下京区にてガレージ内の塗装塗り替え工事を承りました。

まずは、ケレンと清掃作業をしっかりとした後

下塗りにエポキシ錆止めを塗装しました。


壁は、窯業サイディングでしたのでプライマーの塗装した後

塗装させて頂きました。


そして上塗りとして2液ウレタン塗料を2回塗装しました。

やはり、シッカリ2回塗装して ” より長持ち ” を心掛けます。




シッカリ2回塗装すると艶ッとキレイに仕上がってくれました。

これで、完成です。

ありがとうございました。 😀

宇治市T邸外壁・屋根遮熱断熱塗装工事 -その2-

宇治市T邸の屋根塗装の開始です。

今回は、屋根のを遮熱断熱塗装をご希望でした。

下の写真が断熱塗料のシャダンネオと遮熱塗料のケイセラチタンクールです。

この塗料は、塗料メーカーさんから直接ご契約頂いて塗料で

京都市内では、当社のみ取り扱っている高機能・高耐候塗料です。


さて作業の方ですが

特殊2液エポキシシーラを下塗りします。

この下塗り塗料も、かなりの優れものの超万能でガラス以外なら

どんな物でも密着させます。


今回は、約半分以上がソラーパネルですので寄り慎重に作業をさせて頂きます。


全体に、プライマーを塗装した後

断熱のシャダンネオを塗装していきます。

塗装した後の乾燥ですが水性塗料の中でここまで ” ヒンヤリ ” するのかと

感動しました。



断熱塗装を塗装した後

ケイセラチタンクールで中塗り、上塗り塗装をしていきます。

この塗料は、ハイブリッド型ほ黒色チタンが配合されておりまして

屋根塗料で大切な耐候性は

一般の屋根塗料で例えるとウレタン塗料の2倍以上

最近需要が多いシリコン塗料の1,5倍の高寿命が見込める塗料です。


遮熱性も、かなりのものでした。

最近では、遮熱塗料は多く成っていますが

当社では、夏の暑さだけでなく

冬の寒さも視野に考えてお客様には春夏秋冬全て快適に過ごせる様に考えております。

これで、最低でも15年間は屋根の遮熱断熱が確保される作業でした。

 

伏見区外壁漏水工事

伏見区にて外壁の漏水工事を承りました。

まずは現状です。

先日の、大阪の地震での漏水との事でしたが

少し経年劣化も原因に有るかもです。


まずは、既存のコーキングの除去をしましたが、

恐らくこの部分から漏水している可能性があります。



既存のコーキングを撤去した後にプライマーを塗装しました。

そして今回は、ウレタンコーキングでなく変性シリコンコーキングを打設しました。



その他に、別の部分のベランダ面も怪しかったので

その分部分もコーキングの打設をしました。


そして下塗り、中塗り、上塗りの作業になります。

今回、漏水していた面はこの様に狭小で写真を撮影する事が出来ませんでした。



ですが、手前だけは撮影出来たのでお許し下さい。

狭小でしたが、シッカリ塗装は出来ています。

これで完成です。

ありがとうございました。 😀

 

▲TOPへ