住宅の寿命を延ばす屋根塗装

塗装の目的や屋根の寿命は様々であることを取り上げながら、こちらでは住宅の寿命を延ばす屋根塗装についてご紹介いたします。

塗装の目的とは

塗装の目的とは

塗装の目的を理解すると、なぜ屋根塗装が住宅の寿命を延ばすのかをご理解いただけると思います。塗装と聞くと、一般的に目立ってきた汚れやキズを塗装によって綺麗にして美観を保つイメージがありますが、その他に、塗膜の防水機能によって建物内への雨水の浸入を防ぐ役目があります。

常に紫外線や風雨などにさらされているので、屋根塗装や外壁塗装によって劣化の進行を遅らせ、住宅の寿命を延ばすことにも大きく貢献しているのです。住宅の寿命を延ばすため、快適な住空間のためにも定期的に点検をして、必要に応じてメンテナンスや塗装、改修などを行うことをおすすめします。

屋根の寿命は様々

屋根の寿命は様々

日本の風土に適合しながら発達してきた日本瓦や耐久性の良い金属製のガルバリウム鋼板、風や地震の影響を受けやすいスレート、日本瓦と見た目が良く似たセメント瓦・洋瓦など、屋根にも様々な種類があります。屋根の種類や地域の気候・気象状況によっても屋根の寿命は大きく変わってきます。

そんな中で日本瓦の屋根は、紫外線や風雨などにも強く、最も寿命が長い屋根として知られています。瓦自体の寿命が長いとはいえ、定期的な補修や塗装は必要です。屋根の寿命の長さに関わらず、住宅の寿命を延ばすのに屋根塗装は重要な役割を担っています。

京都市にある当社では、屋根塗装や外壁塗装を行っております。一戸建て住宅やマンションなどの塗り替え、公共事業や某ハウスメーカーの施工を行った実績も多数ございます。

「お客様目線で考え、行動する」を方針として、お客様に安心していただけることを常に考えて施工に取り組んでおり、住居でも店舗でも、腕に自信のあるベテランの職人がお客様の大切な建物の寿命を延ばすお手伝いをいたします。
京都市に限らず大阪、滋賀、神戸からのご相談もお待ちしておりますので、塗装会社や施工業者をお探しの方はぜひ当社にお任せください。

▲TOPへ