外壁塗料の種類

住宅 店舗

住宅店舗などの外壁塗装で用いられる塗料の種類は大きく4種類に分けることができます。それぞれ耐用年数や価格、特徴も異なります。

アクリル塗料

古くから使用されている塗料で、当時は画期的な塗料として注目を集めました。
耐用年数は3~7年程度と塗料の中でも短めですが、価格も安く、まめに塗り替えをしたい、とにかく安く済ませたい時などに適しています。透明で強度が高く、軽量なのが特徴で、色をくっきり見せてくれます。

ウレタン塗料

アクリル塗料の汚れやすさ解消を目的として開発された塗料です。耐用年数は5~10年とアクリル塗料よりも長く、価格や機能面を考えるとバランスの良い塗料です。密着性や防汚性にも優れ、ひび割れ防止や止水の注入剤としても使うことができ、塗装の剥がれが気になる箇所に最適です。塗膜が柔らかく仕上がる性質があり、様々な素地としても使用されています。

シリコン塗料

住宅にかかるトータルのライフサイクルコストを大きく削減できる塗料として人気があります。耐用年数は10~15年とアクリルやウレタン塗料よりも長く、価格と耐久性のバランスが良いので、現在の主流となっている塗料です。耐汚性や耐水性など機能面はもちろん、カラーバリエーションも豊富なので、塗料選びで困った際にはシリコンタイプを検討してみることをおすすめします。

フッ素塗料

一般的な塗料の中では最も質が高く、機能性に富んだ塗料です。
対候性や耐熱性、対寒性、低摩擦性、不燃性など様々な機能を持ち、耐用年数は20年程度持つとも言われるほど非常に耐久性に優れています。その分価格は高くなりますが、それに見合う価値を十分に持っている塗料です。一般住宅では、その価格の高さからそこまで普及していませんが、ビルやマンションなどの大きな建物でよく使用されています。

京都市伏見区にある当社は、外壁塗装や屋根塗装などの塗装業務を承ります。塗装によって安心して暮らせるづくりをお手伝いし、住居内装を一新させたいとお考えのお客様からのご相談もお待ちしております。
当社はお客様の立場に立った施工や応対を心がけ、心から満足のいくサービスを提供いたします。京都市伏見区を中心に、大阪や滋賀といったエリアからもお気軽にお問い合わせください。

▲TOPへ