外壁リフォームのタイミング

住宅を長持ちさせるためには、外壁の劣化の兆候をいち早く察知することも大切です。こちらでは、外壁リフォームのタイミングについてご紹介いたします。

外壁の白い粉

外壁にもたれかかったり手で触ったりした際、洋服や手に白い粉がついた経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。これはチョーキング現象といって、外壁の塗装が劣化して塗装の成分がチョークのような白い粉に変化してしまった状態です。このような白い粉が外壁に出てきているのは外壁の塗膜の劣化が進行しているサインで、防水機能が弱まっている可能性が高く、外壁リフォームのタイミングです。

ひび割れ

ひび割れ

ひび割れも外壁リフォームのタイミングとして挙げることができます。ひび割れによって隙間から内部に水が入り、の劣化を早めてしまいます。

ちょっとしたひび割れなら、少しの間は塗装しなくても大丈夫だと考えてしまいがちですが、ひび割れを見つけたら早めに対策することが大切です。

劣化を最小限に抑えるためにも、ひび割れを発見したらすぐに塗装業者や施工会社に相談することをおすすめします。

カビや藻の発生

カビや藻の発生

立地環境や日当たりによっては湿気が多い場所を作り出してしまい、外壁にカビや藻を発生させてしまうことがあります。

カビは繁殖力も強く、短期間のうちに外壁を覆ってしまうこともあるので、外壁リフォームのタイミングとして考える必要があります。

見た目やにおいも気になりますし、カビや藻が外壁の塗膜本来の働きを妨げ劣化を早めてしまうのを避けるためにも、カビや藻が発生したら、外壁リフォームを行うようにしましょう。

京都市伏見区にある当社は、外壁リフォームや屋根塗装、建築塗装全般を行っている塗装専門の会社です。
一戸建てやアパート、マンションなどの外壁塗装や屋根塗装はお任せください。
プロとしての丁寧な塗装と熟練の技術力でお客様のご希望を実現いたします。伏見区や周辺、大阪や滋賀、神戸からのご相談も承ります。遮熱塗料による屋根塗装をお考えの方も、ぜひ当社までご相談ください。

▲TOPへ