塗装工事の基礎知識

塗装工事の基礎知識として塗装工事のおおまかな流れを知っておくと、安心して屋根塗装や外壁塗装の工事を任せることができます。こちらでは塗装工事の流れについてご紹介いたします。

施工前の挨拶回り

施工前の挨拶回り

工事が始まると、近隣の方の迷惑となってしまうことも十分に考えられるため、施工前の準備として塗装工事を行うことを近隣の方へお知らせする必要があります。

当社では、施工の前後に近隣の方へ挨拶に伺うのはもちろん、塗料の飛散防止や現場のゴミの片づけなど、周囲への配慮を怠りません。

塗装の準備から塗装まで

» 汚れを落とす

屋根や外壁を塗り替える際、安全性と効率性を高めるために足場が必要になることもあります。
建物の大きさや状態に合わせて作業に最適な足場を組みます。屋根や外壁の塗装面には、ゴミやほこり、泥、藻などの汚れがついていることがあります。塗料の接着を良くするために、これらを高圧洗浄機で綺麗に洗浄します。高圧洗浄機で落としきれなかった汚れは、手作業でしっかりと落とします。

» コーキングと養生

サイディング壁の場合には、古いコーキングを除去して新しいコーキングを埋め込み雨水の浸入を防ぐ作業を行います。
コーキングとは、サイディング(外壁材)の継ぎ目にある目地に埋め込むゴム状態のもので、これにより素地を調整することで塗装に備えます。また、丁寧な塗装作業でも塗料が飛散してしまう可能性があるので、窓やアルミサッシ、地面など、塗料が余計な箇所ついてしまわないように専用のシートやシールを使って養生します。

» 重ね塗りによる塗装

塗装作業は、下塗り・中塗り・上塗りと3回に分けて入念な重ね塗りを行います。外壁を綺麗に長持ちさせる大切なポイントでもあり、職人による熟練の技術が必要とされる作業です。塗装業者としての評価にも直結する大切な作業で、丁寧な作業が求められます。綺麗に塗膜を形成させるためにも、乾燥期間や塗装間隔をしっかり守ります。

施工終了後

施工終了後

施工が完了したら、足場を解体して塗装した建物のまわりを綺麗に掃除します。

施工後には、工事中に撮影した写真をお客様にお見せしながら、どこをどのように塗り替えたのかを分かりやすくご報告しております。

ご納得いただけたら工事完了の書類にサインをいただき、工事完了となります。

京都市にある当社では、屋根塗装や外壁塗装の工事を承っております。一戸建ての住居からアパート、マンション、公共施設などの建物の施工もお任せください。屋根塗装や外壁塗装のプロの業者として、お客様のご希望を中心に考え、ご希望を叶えられるように最大限努力いたします。お見積もりや出張費は無料となっておりますので、京都市を中心に大阪や滋賀、神戸で塗装専門の会社をお探しの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

▲TOPへ