屋根が劣化する原因

屋根が劣化する原因

屋根が劣化する原因をしっかりと把握して適切に対処しなければ、劣化を早めてしまいます。

屋根塗装などの適切な工事を行えば建物の長持ちにもつながりますので、こちらでは屋根が劣化する原因についてご紹介いたします。

経年劣化によるもの

新築のでも会社のオフィスビルでも、必ず経年劣化します。一般的に劣化による塗り替えは10~15年が目安となっていますが、定期的なメンテナンスを行っていなければ10年も経たないうちに大規模な改修工事が必要になり、出費がかさむことも十分に考えられます。

人も年齢を重ねることでシワが増え体力も衰えていきますが、日常生活の中で運動を習慣にしたりスキンケアにこだわったりすることで年齢を感じさせない方もいらっしゃいます。経年劣化は仕方ないと捉えず、私たちが若々しさを維持するために努力するのと同じように、屋根を定期的にメンテナンスすることで経年劣化を遅らせることもできるのです。

水分の付着や落下物による衝撃

水分の付着や落下物による衝撃

屋根は、雨や風、上部からの飛来物や落下物などから守る役割があります。これら全てを常に屋根は受け止めるわけですから負担も大きく、その分だけ劣化の原因も生まれやすくなります。

経年劣化によるもの以外にも、屋根が劣化する原因として雨や風、落下物が占める割合も高く、これらに対しては十分に備えておく必要があります。

屋根の水分が乾燥しづらく湿気がこもりやすいと、水分が屋根に付着したままとなりやがてカビや藻を発生させてしまいますし、落下物などの衝撃による力が屋根に加わればひび割れを発生させて屋根の劣化につながってしまいます。

雨が降った日や屋根で物音がした際には、そのままにせずに屋根が見える場所に移動して確認することで、劣化にも気づきやすくなります。

京都市伏見区にある当社は屋根塗装、外壁塗装などを行っている塗装業者です。一戸建てやアパート、マンションなどのお住まいはもちろん、オフィスや店舗の屋根塗装や外壁塗装もお任せください。

ウレタン、シリコン、フッ素などの定番塗料だけでなく、遮熱塗料を使用した施工にも力を入れており、大規模な塗装にも対応しておりますのでお気軽にご相談いただければと思います。伏見区を中心に京都、大阪、滋賀、神戸にも対応いたしますので、気になることがあればぜひお問い合わせください。

▲TOPへ