京都市中京区にて外壁塗装工事

足場の設置が完了後クラック(ひび割れ)などを

コーキングで補修していきます

まずは、クラックの補修でず

今回は、既存の玉模様を活かす方法で作業をしていきます

経年劣化で必ず下の様なクラック(ひび割れ)がでています

まずは、この様なクラックはコーキングをすり込んでクラックの内部まで押し込んでいきます

その後、コーキングの段差などをウレタンヘラや刷毛などでボカして

現状の玉模様に馴染ませていきます

すると、玉模様を損なわずクラックの部分だけを埋める事が出来ます
その他、開口部の補修でずが

専用のプライマー(未着材)を塗布した後

コーキングで補修しました

この状態の、コーキング目地でしたが

この様にしていきます

この様な、補修の終了後に洗浄していきます

PAGE
TOP