京都市左京区O邸様屋根・外壁塗り替えリフォーム工事

外壁塗装です。

お客様より、今回は少し雰囲気を変えたいというご希望を戴きました。

まずは、軒天をパテ・コーキングで下地調整をした後に

NAD塗料で塗装をしていきました。

今回の、物件は窓の上にヒサシが無かったので

コーキングを厚い目に打設して角を失くして雨水が流れ易い様にしました。

そして外壁の下塗りに当社自慢の

軽量型弾性断熱フィーラーで塗装していきます。

普通ならクラックはコーキング等で補修するのですが

下の写真の様にコーキングの打てない隙間の部分等は

下塗りのフィーラーを刷毛で充填して補修します。

この通りシッカリとクラックが補修されています。

それから、中塗り・上塗り塗装です。

必ずトップコートは2回塗装する。

これは、鉄則です。

雨トユ等の付帯部分も2回塗装。

  

これで、一旦完了です。

後日、足場の撤去作業に入ります。

PAGE
TOP