「超高輝度蓄光塗料」

あまり聞き慣れない言葉かと思います。
まず、蓄光塗料とは太陽からの紫外線や電灯からの光エネルギーを蓄積し、暗いところで自ら光を放つ塗料のことです。
近年では緊急避難時に使われる誘導線、標識などで使用されています。

この様な従来の蓄光塗料に比べ長時間(約8時間)の視認性を有し、防水性のある塗料を「超高輝度蓄光塗料」と呼んでおります。

この「超高輝度蓄光塗料」は日本初の防水塗料として特許(特許第4071821号)も取得しており、日本標識工業会の承認(承認番号09-006)を受けている唯一の塗料でもあります。
現在では主に避難の誘導ラインや標識などに使用。他にも公園の階段の段差、家の表札などにも使われています。

当社はこの塗料の販売・施工も承っております。
お気軽にご相談ください。

詳細はライテイブコート協会のHPをご覧下さい。

blog_paint03blog_paint01
blog_paint02

LINEで送る