まずは、鉄部と爆裂した壁下の錆を錆止めしました。




続いて

爆裂の深い部分は、一度コンクリートを扱いて

ポリマーセメントで壁の補修をしました。



爆裂箇所は、約30か所程ありました。



ポリマーの上にシーラー塗装後

下地の元々のリシンの柄を復旧しました。






今回は、ここまでです。

次回は、防水膜を入れていきます。

是非、ご覧になって下さい、、、

 

 

LINEで送る