伏見区K邸の続きです。

まずは、

軒天の垂木や付け柱をNAD塗料の艶消しをオイルステンして塗装させて頂きました。

木の質感も残り、染めムラも出なくて綺麗にスッキリと仕上がるからです。



軒天の板は、大工さんにお願いし

木の目を全て一定方向に揃えてシナベニアを増し貼りして頂きました。

その後、木の生地に着色し1液のウレタンクリアー仕上げしました。

木部の生地の質感も残してクリアーで仕上げる事で

綺麗で長持ちをする施工をさせて頂きました。

さて外壁の下塗りですが

今回は、超軽量形フィラーを使用します。

一般住宅こモルタルには、より最適っと言える下塗り材で

しかも特性は、弾性・防音・断熱効果のある物です。

このフィラーをゆず肌模様で下塗りを仕上げていきます。



大変塗りやすい塗料で

キレイな ゆず肌模様が寄り均一に仕上がりました。

まだ工事は続きますが

今回はここまで、、、

LINEで送る