今回は、変電施設のダクト撤去後の塗装工事です。

今回のポイントは既存の外壁の色を調色する事です。

まずは、補修した壁の部分にマスッチクローラーで波形の模様を作っていきます。


少し模様が揃わないようですのでもう一度

同じ仕様を塗装しました。


これなら、綺麗なので納得です(^^)

そして、中塗り及び上塗りの作業です。

一個所以前に補修した痕を発見しました。


残念ながらあまり色が合っていないようです。

そこで、試し塗りをかねて調色して補修みました。


これなら、ほぼ同色です。

そして、中塗り➡上塗りのの作業です。



見た目は、『なんだ色薄くない?』っと思われますが、

ペンキは乾燥と同時に色が濃く成っていくので

乾燥すると既存と同色に成りますのでご心配無く(^^)v

以上で作業完了です。

LINEで送る