宇治市T邸の屋根塗装の開始です。

今回は、屋根のを遮熱断熱塗装をご希望でした。

下の写真が断熱塗料のシャダンネオと遮熱塗料のケイセラチタンクールです。

この塗料は、塗料メーカーさんから直接ご契約頂いて塗料で

京都市内では、当社のみ取り扱っている高機能・高耐候塗料です。


さて作業の方ですが

特殊2液エポキシシーラを下塗りします。

この下塗り塗料も、かなりの優れものの超万能でガラス以外なら

どんな物でも密着させます。


今回は、約半分以上がソラーパネルですので寄り慎重に作業をさせて頂きます。


全体に、プライマーを塗装した後

断熱のシャダンネオを塗装していきます。

塗装した後の乾燥ですが水性塗料の中でここまで ” ヒンヤリ ” するのかと

感動しました。



断熱塗装を塗装した後

ケイセラチタンクールで中塗り、上塗り塗装をしていきます。

この塗料は、ハイブリッド型ほ黒色チタンが配合されておりまして

屋根塗料で大切な耐候性は

一般の屋根塗料で例えるとウレタン塗料の2倍以上

最近需要が多いシリコン塗料の1,5倍の高寿命が見込める塗料です。


遮熱性も、かなりのものでした。

最近では、遮熱塗料は多く成っていますが

当社では、夏の暑さだけでなく

冬の寒さも視野に考えてお客様には春夏秋冬全て快適に過ごせる様に考えております。

これで、最低でも15年間は屋根の遮熱断熱が確保される作業でした。

 

LINEで送る